読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、未来を創ろう

Let's Future Creation
おすすめ記事はコチラ

介護福祉士の「イメージが悪い」は本当?

介護福祉士」を養成する全国の大学や専門学校などで2016年度、定員に対する入学者の割合が約46%だったそうです。

 

定員割れは、データのある06年度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目だそうで、

 

2008年には50%を割り込んだ際に、

  • 低賃金やそれに見合わない重労働というイメージ
  • 介護職の現場が労働環境として厳しいという認識
  • 高校の指導現場で、進路に選択しないよう教師が勧めている。

と言われていたようです。

 

今年の記事を見てみると、結局は10年経っても変わっていない様子。

yomidr.yomiuri.co.jp

 

介護の仕事は「専門職」と呼ばれますが、専門職には2つあるんですよね。

専門職は主に下記の2つ分かれます。

続きを読む

地域包括ケアとケアクリエイター

医療や介護福祉業界ではよく話題に上がる「地域包括ケア」という言葉。

厚生労働省からの通達で各市町村は、現在この「地域包括ケア」なるものの「仕組みづくり」に躍起になっている。

 

それがいわゆる「地域包括ケアシステム」と言われるものだ。

 

様々な所でシンポジウムや講演会などが開催され、周知を図ろうとしているものの、よくよく話を聞いてみると、

 

「結局、なんだかわからない」

 

なんてことが少なくないようだ。

 

誤解を招くかもしれないが、あえて簡潔に一言で言うなら、地域包括ケアとは「地域まるごと病院化(福祉施設化)」って事。

続きを読む

ケアクリエイターと名乗るワケ

はじめまして。

 

私は自分の事をケアクリエイターと自称しております。

 

よく「なんだかわからん」と言われますね。

 

別にそれでいいんです。

 

よく「アーティスト」だの「クリエイター」だの「マネージャー」だの結局何してんの?ってのが多いわけですからね。

 

主には「福祉」や「介護」と呼ばれる職種に属してます。

 

こういった人たちは「〇〇ワーカー」と呼ばれることが多いです。

 

「ワーカー」って「働きかける」って意味合いのほかに「労働者」って意味もあり、「ケアワーカー」なんて言ったら、「介護の労働者」って見えることもあるんですね。

 

捉え方は様々なんでしょうが、私は介護を「創造的(クリエイティブ)」なもんだと思ってるんです。

 

仕事しててもね、「仕事は創るもんだ」なんて考えちゃうんですよ。

 

介護って生活や人生を支えるものなんで、「生活や人生はその人の創り出した芸術だ」って考えれば、対象者の方と一緒に人生を創る仕事だと思うんです。

 

高齢者の場合だと、人生の最期の一瞬しか関われないけれど、その最後の一瞬が輝く光を放ったらいいよねって思います。

 

その光を一緒に創れたら最高ですよね。

 

生活や人生を一緒に創るクリエイターが「ケアクリエイター」だと思ってます。

 

なので私は「ケアクリエイター」と名乗っております。

 

孔子

「名正しからざれば則ち言順わず」

に倣い、名前・言葉は大切だと思うのです。

 

一人の生活や人生が輝けば、周りも照らされますよね。

 

そうやって個の輝きが集まって地域が輝くんだと思います。

 

そんな人や社会を創るケアクリエイターとして、日記を書いていこうと思います。

 

お暇があればのぞいてやってくださいね。